U.S MILITARY CHINO

 

チノパンはカジュアルだけど綺麗に履けて使い易い。

そんなイメージを持っている方も多いと思いますが、大正解です。

 

今やアメトラファッションの典型的なアイテムであるチノパンは、実はイギリスの軍服が起源です。

 

最初は英国軍の白いパンツを天然の染料(コーヒーなど)と泥水で染めたベージュの生地を使っていましたが、その後はベージュの織物をオリジナルで作り採用していました。

 

チノパンと言えばアメリカ軍が1941年に軍服として採用した「41KHAKI(ヨンイチカーキ)」が有名ですが、それを作るときに英国で織られ中国へ輸出されていたベージュの綾織生地をアメリカ軍が大量に購入し(ややこしい…)、中国(CHINA≒チノ)から買った生地で作ったパンツをチノパンツと呼んだ、というのは有名なお話です。

 

白よりも汚れが目立ちにくく、戦場で負傷した時も鮮血が黒く滲む。

極限の緊張状態に置かれた兵士たちが、真っ赤な血を見ずに落ち着くためにはベージュである必要があったという何とも悲しい生い立ちですが、それだけ理に適った使い易さを持っています。

 

MASTER&Co.で買い付けた41カーキモデルは、そんな歴史をしっかりと踏まえつつも現代的にアップデイトした作りで、私も週に2日程度は必ず履いています。

(何も考えずにコレを穿いてしまう悪いクセは直そうと思います…)

 

ドレスの源流である軍服から生まれたチノパンなので、当然ジャケットなどとの相性も良いわけですが、太めのワタリから緩やかにテーパードするそのボリューム感は、ビッグシルエットのトップスやスニーカーとのバランス感にも優れているのが良い所。

 

 

2本針ステッチや、玉縁仕様のウォッチポケット、真ん中からオフセットしたベルトループやベルトからバックポケットに向けて入ったダーツなど、細かい話をしだすとさらにたくさんあり、41カーキと43カーキの違いなどにも言及しなければならなくなりますが、クラシックな要点を残しながら、尻回りをスッキリさせたり、生地のハリを持たせつつ柔らかくしたり、ボタンフライからジッパーへと変更するなどよく考えられた一本です。

 

そして、何より切りっぱなした裾が重めのシルエットを軽く見せてくれて新鮮なバランスになっています。

 

 

1941年から数えるともう80年近く前のディティールですから、いまだに守られていることの方が不思議なのですが、人命に関わるようなアイディアが盛り込まれた軍服だからこそ、時間を超えて受け継がれるのも理解できます。

 

ご好評につきサイズ欠けもしていますが、ベージュ/オリーブそれぞれS.Mサイズは残っていますので是非一度お試しください。

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

November 21, 2019

November 8, 2019

October 14, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
CONTACT US
  • White Instagram Icon

© Bechics 2016