• 店主 角地 俊耶

静かなる名品たち


その完成度とコストパフォーマンス、時折見せる笑えるようなデザインが多くのお客様から支持されているblurhmsは、その風貌から中身まで(ご覧頂けないのが残念でならない)超職人肌のデザイナーMさんがこだわりを持って素材から作り込む日本のブランドです。

弊店のブランド群の中でも今夏1型もSALEをしなかったブランドとして、常に自信を持っておススメできる定番品が多いことも特長ですが、シーズン毎に他では見かけないような目を引くアイテムや素材がセットされているのもこのブランドの面白いところと感じています。

今秋は先日Instagramなどでもご紹介した刺し子素材のパンツと、春夏に好評で2度ほど追加をさせて頂いたblurhmsの看板アイテムである極上のサーマル、そして、まるでローゲージニットのような表情をした迫力満点のリブ編みフーディー等、素材感が際立つラインナップを買い付けました。

Mさんがいつも仰る、

「ウチの服はとにかく着て欲しい、良いものを着たことがある人なら着ればわかる」

という言葉の通り、blurhmsの洋服は体を入れた時に現れる独特なシルエットがあり、多くのお客様から形が良いと言われます。

弊店ではオンラインストアで各商品のサイズスペックを記載していますが、寸法から想像するシルエットよりも随分綺麗に着こなせる服が多く、オーバーサイズでありながらどこかきちんとした見え方になるのがblurhmsの着易さたる所以。

前述しましたが、まるでニットのような…という点は一つこの秋冬の品揃えを検討するにあたって意識したポイントですが、ウール素材ではないニットライクな冬物というアイテムが新鮮に感じ、これらの品物をピックアップしています。 

このフーディーは今回特におススメで、大胆な編み地とは裏腹に、ねっとりと滑らかで柔らかく、ガッシリしているのに上品、という絵面だけではお伝えできない心地良い重量感は是非店頭でご確認ください。

看板アイテムのサーマルは、春夏バージョンから更にアップデイトし(素材の作り込み方があまりにもマニアックなので潔く端折ります!)、簡単に言うと更に着心地が良く快適な素材へと進化しました。

その着心地と快適性については、一度お求め頂いた方からは高確率でお褒めの言葉を頂きますが、パッと着た瞬間の格好良さとその後ボディーブローのようにジワジワと着心地の満足感が得られる過程もまた、このブランドが根強く評価される理由だと感じています。

あまりコーディネートを考えなくても良い雰囲気が出るなんて、そんな都合の良い話があったと気付かせてくれるblurhms。

ブランドのコンセプトは、

「着心地、丁寧さ、程よいリラックス感と使いやすさをコンセプトとし、過剰な華やかさはないが、ささやかな遊び心と捻りのある細部にまでこだわった商品を展開」

とあります。

寡黙なデザイナーMさんらしい、強くこだわっている部分もあえて言語化しないスタンスがグッとくる、静かなる名品たちを今シーズンも強くおススメ致します。


585回の閲覧
CONTACT US
  • White Instagram Icon

© Bechics 2016