• 店主 角地 俊耶

男でもなく、女でもなく、SでもMでもない。


「ジェンダーレス」という言葉を最近よく聞くようになりました。

性差がない、性を超えた、というような意味で使われていて、ゲイやレズビアンだけを対象にした言葉ではありません。

Bechicsでは店主の私自身が小柄であることから必然的にと言いますか、Men's Clothing storeと謳いながらWomen'sも取り扱っています。

ウィメンズと言っても、所謂スカートやハイヒールを取り扱っているわけではなく、正確にはメンズの規格をほぼそのまま落とし込んだウィメンズサイズのものたちで、小柄な男性にはもちろん女性でもメンズライクな洋服を取り入れるのが好きな方は、実際はウィメンズ商品をご購入頂いているのですが、メンズストアでのお買い物さながらにお楽しみ頂けるようにしています。(パッと見は完全にメンズなので全くわかりません)

と、言うのは前置きで、

最近は洋服の楽しみ方が以前に比べてさらに幅広く、性やサイズなど今まで超えることが難しかった部分があらゆる意味で自由化していることを感じます。

私自身は過去にメンズのテーラリングアイテムを取り扱う部門で仕事をさせて頂いていただけに、ベースとしてはルールや型に特に気を使う側の人間なのですが、ルールや型を重んじながら超えていく楽しさは洋服を着る上で最も楽しい”ワザ”であることも知っています。

例えばどういう事か?

皆様に馴染みのある言葉で言えば「ハズシ」ですが、

非常にシンプルなデニムやTシャツというアイテムを取ってもあらゆるハズシ方がある、と考えています。

これらは全て、Levi'sのデニムを穿いた一般の方々ですが、

・自分のウエストの倍はありそうなデニムを思いっきりウエストを絞って穿く

・ジャストフィットよりも少しサイズを落としてスリムに穿く

・自分の好みに合わせて好きなところでカットしてバランスを作る

など、オリジナリティーに溢れる着こなしをすることでどこにもない、自分だけのスタイルを作っています。

多くの既製服は人体の自然なフォルムを美しく見せるために、ある時は補正するデザインを入れ込み、ある時は逆に抜いてしまうこともありますが、商品だけで人のスタイルが完成することはありません。(それは、ビスポークであっても同じと言えます)

その時に着る服は、トップトレンドのものもヴィンテージのものも関係なく、自分が何を選んでどのように着るのかを考える事がオリジナリティーを出す上での鉄則だと考えますが、Bechicsではそんなお客様一人一人のCHICをスタイルに昇華させるために、Levi'sは古着やVINTAGE CLOTHINGラインはもちろん、その他のブランドもお客様の個性を引き立たせるしっかりとした技術や伝統などに裏付けされたラインナップでお店を構成しています。

上記の写真は少し極端な着こなしに見えると思いますが、サイズやディティールなどはほんの数mmの差で見る人をドキッとさせることが多々あります。

SでもMでもない、と言うのはそちらのハナシではなく、サイズにおけるそんな繊細なお話でした。


118回の閲覧
CONTACT US
  • White Instagram Icon

© Bechics 2016