• Toshiya Kakuchi

新しい物語




「ベシックスの耳」というラジオ形式の音声コンテンツを始めてしばらく経つが、当初目的の一つがようやく皆様にお知らせできる状態になってきたので、ここで改めてブログを書いている。



このラジオで伝えたい事については昨晩の配信でも語っているが、このブログなどでは書かないよりプロダクトのアウトラインにあたるような端っこ(ミミ)の話と、そして昨日のラジオでは時間の都合上語らなかったが「温度」という点でもラジオ形式にする意味があると思っている。



さて、延べ6回の配信を行っている音声コンテンツ「ベシックスの耳」において色々と御託を並べてきたが、ようやくお客様に角地が何を考えてこれを始めたかを腹落ちさせるための、皮切りとなる音声を本日配信した。



ラジオの会話は、これまで幾度となく話をしている松村さんとの会話の断片を支離滅裂に貼り合わせただけのパズルの1ピースに過ぎず、全体感は全く見えてこないだろう。



本日も午前中に松村さんとこの件の打ち合わせをしてきたが、今回ばかりは我々自身も壮大なテーマに対し極めて慎重なスタンスを取っていて、未だ見ぬ究極の製品に向かって経験とセンスと希望いう3つのコンパスを頼りに歩き始めた状態だ。



今後、この件については完成品のリリースまで数回に分けて、稽古場から舞台袖の様子までをも全てあけすけにご覧頂けるようにしていくが、先にあらすじだけをお伝えするならばこの活動において私の頭に大きく2つの考えがある。



1:ブランドにおけるコレクション以外の価値をつくる

2:消費者に2度と買い物をさせない商品をつくる



一番最初にこのアイデアが浮かび松村さんご本人に伝えたのはAW20の展示会のときだったので、既に半年以上も前のことだ。



これから始まる、全く新しい物語に期待を持って見守っていて欲しい。

468回の閲覧

Copyright © Bechics 2016 All Right Reserved.