Bechics official Blog

February 23, 2018

アメリカの3大デニムブランドといえば、第1にLEVI'S、2番目にLee、そして、それら2社に対抗すべく生まれたブランド「Wrangler」です。

Wranglerの歴史は1947年、第二次世界大戦が終了した直後からで、前身となるBLUE BELL社は1904年よりワークウェア専門のブランドとしてアメリカでは周知された存在でした。

当時既に他のブランドでは、今でいうGジャンが一般的に普及されていましたが、B/B社が目をつけたのはロデオスターやウエスタンムービーなどの衣装デザイナーとして知られたロデオ・ベン氏で、戦略的にワーカーではなくカ...

February 16, 2018

「マイヌ」と読みます。

皆さまの中で、このブランドを以前から知っていた方は非常に通です。

オフィシャルホームページもさっぱりとした、Instagramもどこか実体があるようでなさそうな、今の時代感覚で言うならなかなか疑わしくも見えるようなブランド。

かく言う私も、このブランドを知ったのが2年ほど前で、色々調べてみましたがやはり実体を掴めず当時はコンタクトを取るに至りませんでした。

私は今まで、自分が着たことがない(試着も含めて)ブランドを取り扱いたいと思うことはなかったのですが、このMAINUは画面越しでも特別惹きつけられるものを感じていた...

February 14, 2018

スペインの最南部、アンダルシア州にあるシューメイカーは、19世紀よりその地で暮らすハンターやワーカーなどに向けたモノ作りを始めました。

ヨーロッパの中でも特筆すべき歴史が多く、また、多くの文化を生み出しているスペインは、宗教、芸術、美術、音楽、哲学などにおいて語られることも多く、豊かな山々や海に恵まれたアンダルシアにはモノを作るに最適かつ必然たる環境がありました。

ANDALSは、当時からその名前を冠したブランドがあったわけではなく、ある日本人のシューズデザイナーがその地を訪れた時に工場の片隅に眠っていた1つの古い木型と出会った瞬間から...

February 6, 2018

約2週間のロサンゼルス買い付け出張では、様々な品物を発見して帰って来ることができました。

営業を再開してから1週間が経ち、ご来店頂いたお客様からは「この前来たんですけど閉まっていました〜笑」なんてこちらの失礼を笑顔で許して頂く始末で、改めて弊店は皆様に支えて頂いていることを切に感じております。

さて、たっぷり充電させて頂いたからには良い商品をいち早くご用意せねばと、特急の船便にて届いたダンボール5箱程度の”成果”をクリーニングに出し、ようやく見ごたえのある商品をお店に並べ始めました。

今回の主目的の一つとして据えていたミリタリーやワークの...

February 1, 2018

2018年は、イヴ・サンローランにとって様々な区切りとなる年です。

1958年に21歳という若さでChristian Diorのデザイナーに就任し、1962年には自身のブランド「Yves Saint Laurent」を立ち上げます。

その後、1968年に発表したコレクションは歴史に残るスタイルを生み出したとして現在も語り継がれており、「シースルー」「パンタロン」「サファリ」などのキーワードはこの瞬間から市民権を得ており、その翌年の69年にメンズラインを立ち上げました。

デザイナーとして60年、最盛期から50年、そして、没後10年になります...

Please reload

最新記事

November 21, 2019

November 8, 2019

October 14, 2019

September 27, 2019

September 19, 2019

September 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Instagram - Black Circle
CONTACT US
  • White Instagram Icon

© Bechics 2016